いくつになっても自分の歯でご飯が食べたい人のための歯科治療

歯磨きチェックで日ごろからトラブル予防

歯医者では、虫歯ができたり歯周病になってしまった際の治療のほかに、正しい歯磨きの仕方の指導も受けることができます。歯ブラシの持ち方、磨くタイミング、歯磨きにかける時間、磨き方といったことをチェック・指導してもらうことで、虫歯や歯周病になることを予防することができます。また、軽度の虫歯や歯周病は、正しい歯磨きの仕方をマスターすることで自力で治すことができるのです。歯茎の具合に合わせた硬さのブラシを選んでもらうこともできます。

虫歯になってもできるだけ削らない選択

虫歯になってしまったとき、すぐに削らずに様子を見る歯医者が増えています。軽度の虫歯なら、削り取らなくても日ごろの歯磨きを入念にしたり、フッ素を塗ることで歯の再石灰化を促進して虫歯の進行を抑えることができるからです。歯は一度削ってしまったらもう元には戻せません。削らずに済むなら済むに越したことはないのです。歯医者でフッ素を塗ってもらうこともできますし、フッ素入りの歯磨き粉を利用することで日ごろからケアをすることができます。

虫歯が進行してしまっても、抜歯をしないために

虫歯が進行しすぎてしまい、自力で治すことができなくなってしまった場合には、削ったり抜歯することを検討しなければならなくなります。その段階でも、できるだけ歯を残し、抜歯をしない方法として、根管治療があります。根管治療は、虫歯になってしまった歯の神経を取り除き、神経の通っていた管をきれいに掃除して、虫歯が再びできないように薬を入れるという治療です。根管治療には技術が必要ですが、できるだけ正確に治療するためにマイクロスコープを導入している歯医者もあります。

根管治療では、対症療法と違って根本から症状を改善する治療となるため、より完璧な治療を求めている場合に大変役立ちます。